トーンカーブのSカーブで彩度を上げない

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sカーブでも彩度が変わらない目次

トーンカーブの編集でよく使うSカーブ、非常に便利で写真にしまりが出ますが彩度も同時に上がってしまって、結局あとで彩度を再調節することがよくあります。今回はその作業をもう少しスマートにする方法を紹介します。ブレンドモードの輝度を使います。

Sカーブとは?

例えばこんな写真。この写真のトーンを調節すると思います。基本は暗部と明部の分布をカーブを使って編集する機能です。

トーンカーブの調節はビットマップレイヤーに直接行うことも可能ですが、調整レイヤーを使えばいつでも再調節が可能です。

調整レイヤーを適用するとプロパティウインドウの内容にトーンカーブが表示されます。このトーンカーブを次の図のように編集します。

このs字状のカーブをSカーブと呼び写真のレタッチでは頻繁に利用されるテクニックです。

暗部をさらに暗く、明部をさらに明るく微妙に調節することができます。全体のコントラストがはっきりしていきます。

オリジナル
Sカーブ

彩度も上がってしまう

写真自体は締まっていい感じになるんですが問題は彩度です。彩度も大きく激しく上がってしまっています。もう一回調整レイヤーを使って彩度を下げるという手が考えられますが、もう少しスマートな方法があります。

それがブレンドモードの輝度。

ブレンドモードを完全に習得するのって非常に難しいです。大抵はトライ&エラーでいろんなブレンドモードを試して、好みの結果に落ち着く感じだと思いますが、この輝度ブレンドモードに関しては簡単!輝度以外の情報は破棄してくれ!というブレンドモードです。

結果彩度は元のままで輝度だけがトーンカーブで調節された結果になります。

通常
輝度ブレンドモード

顔色も元に戻っていると思います!

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)