トーンカーブ(U)… Ctrl+M

モード(M) 


色調補正(J)  

明るさ・コントラスト(K)…
レベル補正(L)… Ctrl+L
トーンカーブ(U)… Ctrl+M
露光量(E)…


自然な彩度(V)…
色相・彩度(H)… Ctrl+U
カラーバランス(B)… Ctrl+B
白黒(K)… Alt+Shift+Ctrl+B
レンズフィルター(F)…
チャンネルミキサー(X)…
カラールックアップ…


階調の反転(I) Ctrl+I
ポスタリゼーション(P)…
2階調化(T)…
グラデーションマップ(G)…
特定色域の選択(S)…


シャドウハイライト(W)…
HDRトーン…


彩度を下げる(D) Shift+Ctrl+U
カラーの適用(M)…
色の置き換え(R)…
平均化(イコライズ)(Q)


自動トーン補正(N) Shift+Ctrl+L
自動コントラスト(U) Alt+Shift+Ctrl+L
自動カラー補正(O)Shift+Ctrl+B


画像解像度(I)… Alt+Ctrl+I
カンバスサイズ(S)… Alt+Ctrl+C
画像の回転(G)  
切り抜き(P)
トリミング(R)…
すべての領域を表示(V)


複製(D)…
画像操作(Y)…
演算(C)…


変数(B)  
データセットを適用


トラッピング(T)…


解析(A)  

色調補正 

トーンカーブ(U)… Ctrl+M

このツールを理解すると、画像の調整・表現の幅が思いっきり広がります。グラフ内にグレーで表示されている明暗(RGBチャンネル選択時)をカーブや鉛筆ツールを使って分布具合を編集するツールです。

グラフの横軸は画像がもつ明暗、縦軸が結果にしたい明暗なので、横軸の一番左は画像の一番くらい部分(ピクセル)、横軸の一番右の一番明るい部分を縦軸の一番暗い一番下の部分と、縦軸の一番明るい部分一番上を結んだ45度の角度の線なら、結果は完全に同じになります。

よくわからないのでプリセットと結果を見比べていきます。

プリセット:暗く

RGBすべてのチャンネルを選択しているモードで、中間部が下がっているカーブです。つまり元画像の中間の明るさの部分を少し暗くし、一番暗い部分と、一番明るい部分はそのままに、ということです。写真全体の調子は暗い印象になりますが、暗部とハイライトは元のままです。

プリセット:コントラスト強く

RGBすべてのチャンネルを選択しているモードで、暗部をさらに暗く、明るい部分をさらにあかるくするというグラフになります。一番暗い部分、中間、一番明るい部分はそのままです。このSカーブは大変良く使うカーブで、明るさ・コントラストで調節するよりも、調整度合い、調整ポイントが自由になるトーンカーブで調節する方が圧倒的に自由度が高いです。

プリセット:ネガ

明るい部分と暗い部分を完全に反転すればネガ画像ができます。

参考になるページ

トーンカーブの取り扱いは慣れが必要ですが、大変参考になるページがAdobe Blogの中にあります。

思い通りに修正しよう!Photoshopの使い方〝詳細〟解説 ② 全ての基本「トーンカーブ」の見方とつくり方【トーンカーブ前編】

この村上 良日さんの記事、神がかっています。

記事に添付されているファイル、実際に画像の調子を変えると逆にどのようなトーンカーブを描くのかをその場で見て試せます。