色調補正 

このメニューから実行した補正はオリジナルピクセルに対して実行し、元に戻すことができなくなるので、画像をあらかじめスマートオブジェクトに変換しておくと良いと思います。ピクセルデータのままにしておくと、例えば写真を明るく補正して、クライアントに出してみたら、明るすぎとか言われて、元にもどれれない。。。といったような事態に陥ります。同様の調節は調整レイヤーでも可能です。

この写真を使って調整結果を具体的にみていきます。