画像解像度(I)… Alt+Ctrl+I

モード(M) 


色調補正(J)  

明るさ・コントラスト(K)…
レベル補正(L)… Ctrl+L
トーンカーブ(U)… Ctrl+M
露光量(E)…


自然な彩度(V)…
色相・彩度(H)… Ctrl+U
カラーバランス(B)… Ctrl+B
白黒(K)… Alt+Shift+Ctrl+B
レンズフィルター(F)…
チャンネルミキサー(X)…
カラールックアップ…


階調の反転(I) Ctrl+I
ポスタリゼーション(P)…
2階調化(T)…
グラデーションマップ(G)…
特定色域の選択(S)…


シャドウハイライト(W)…
HDRトーン…


彩度を下げる(D) Shift+Ctrl+U
カラーの適用(M)…
色の置き換え(R)…
平均化(イコライズ)(Q)


自動トーン補正(N) Shift+Ctrl+L
自動コントラスト(U) Alt+Shift+Ctrl+L
自動カラー補正(O)Shift+Ctrl+B


画像解像度(I)… Alt+Ctrl+I
カンバスサイズ(S)… Alt+Ctrl+C
画像の回転(G)  
切り抜き(P)
トリミング(R)…
すべての領域を表示(V)


複製(D)…
画像操作(Y)…
演算(C)…


変数(B)  
データセットを適用


トラッピング(T)…


解析(A)  

画像解像度(I)… Alt+Ctrl+I

この機能を使いこなすには解像度という考えを理解する必要があります。解像度とはドットの集合体が実世界でどのような大きさで再現されるのか、という意味です。

例えば画像解像度パネルの中にある、合わせるサイズ:プルダウンメニューの中を見てみると、A4 (210mm X 297mm) 300dpiという項目があります。A4は日本ではなじみのある紙のサイズです。300dpiというのは300 dot per inch、つまり1インチあたりに300ドットで再現するという意味です。210mm X 297mmは8.26772inch X 11.6929inchなので(300dpi X 8.26 ≒ 2480) X (300dpi X 8.26 ≒ 3510)、2480ピクセルX3510ピクセルの画像が300DPIのA4に必要なドット数ということになります。

Photoshopでいう大きなファイルというのは、ドット数の多い画像ファイルということになります。

画像解像度に数値を入力して実行すると、カンバスの大きさそのものが入力した値に応じて変更され、画像もリサイズされます。その際のリサイズの方法(サンプリング方法)も選択することができます。