モード(M) 


色調補正(J)  

明るさ・コントラスト(K)…
レベル補正(L)… Ctrl+L
トーンカーブ(U)… Ctrl+M
露光量(E)…


自然な彩度(V)…
色相・彩度(H)… Ctrl+U
カラーバランス(B)… Ctrl+B
白黒(K)… Alt+Shift+Ctrl+B
レンズフィルター(F)…
チャンネルミキサー(X)…
カラールックアップ…


階調の反転(I) Ctrl+I
ポスタリゼーション(P)…
2階調化(T)…
グラデーションマップ(G)…
特定色域の選択(S)…


シャドウハイライト(W)…
HDRトーン…


彩度を下げる(D) Shift+Ctrl+U
カラーの適用(M)…
色の置き換え(R)…
平均化(イコライズ)(Q)


自動トーン補正(N) Shift+Ctrl+L
自動コントラスト(U) Alt+Shift+Ctrl+L
自動カラー補正(O)Shift+Ctrl+B


画像解像度(I)… Alt+Ctrl+I
カンバスサイズ(S)… Alt+Ctrl+C
画像の回転(G)  
切り抜き(P)
トリミング(R)…
すべての領域を表示(V)


複製(D)…
画像操作(Y)…
演算(C)…


変数(B)  
データセットを適用


トラッピング(T)…


解析(A)  

モード(M)  

Adobeのカラーモードの解説

ほとんどの場合RGBかCMYK、チャンネルあたり8bitの設定だと思います。

以前書いたRGBとCMYKの記事も参考にしてください。RGBは光の三原色、CMYKは色の三原色に基づいて、カラーテレビ、液晶パネルなど光が混ざりあって、様々な色を再現するメディアではRGB、印刷物のような色が混ざり合って、様々な色を再現するものではCMYKが使われることが多いと思えば間違いないと思います。

ここで、一瞬戸惑うのがRGBカラーからモノクロ2階調へ直接モードを変換できないこと。一回グレースケールへ変更して、カラー情報を破棄する必要があります。