Logi Options + ver1.1にアップデート

対応機種が増えた!
logicool options plus
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Logi Options + ver1.1にアップデート

Logi Options+とは

 Logi Options+は、ハイエンドマウスとハイエンドキーボードメーカーと知られる本社をスイスに置く日本法人Logitech(日本ではLogicoolというブランド名)が無償で配布しているLogicoolマウス、キーボードを統括して制御するソフトウェア。

 Flowという機能で異なったOS間でもひとつのマウス、キーボードをシームレスに使用できるようにし、さらに異OS間でコピー&ペーストまでをも実現させてしまうソリューションです。

 旧バージョンはLogi Optionsという名前で配布されていましたが、改めてLogi Options+と、プラスがついて別アプリケーションとして配布されはじめたのが今回アップデートのあったLogi Options+です。

 Logi Options+は長い間ベータ版として配布されていましたが、2022年5月に正式にver1としてリリースされました。

Logi Options+ ver1.10.9317

 今回のアップデートはver.1.0.5155からver1.10.9317へのアップデートとなりました。

 新たにキーボードにSignature K650が追加されました。

 とはいうもののこのSignature K650ってどこを探してもそれらしき情報が出てきません。

 これから発売されるモデルなんでしょうか。。。

対応キーボード

※一部機能が使えません

対応マウス

 対応マウスは以下の通り。

※一部機能、Flow が使えません

Logi Options+ ver1.10.9317のバグフィクス

  • MX Mechanical
  • MX Mechanical Mini
  • K855キーボード

 上記の日本語キーボードで「かな」と「英数」キーが動作しない問題が修正され、クラッシュとハングアップしていまう問題も修正されたそうです。

 でもK855ってLogi Options +の公式ページの対応表にない機種です。

 もしかしたら対応表になくてもLogi Options +の機能を何か使える可能性があるのかも。。。