crftロゴ
検索
辞典アイコン

選択した線の幅をランダムにする

ChatGPTさんに手伝ってもらいました
線幅ランダム

選択した線の幅をランダムにする

まんがのスピード線的なものを描く

 マンガの中でスピードを表現するのに複数の異なった線幅の直線を描くという表現があります。

 そんな複数の線幅の異なった線を手動で描画しようと思ったら大変です。

 そこでChatGPTさんに少し手伝ってもらって簡単にスピード線を描く方法を考えてみました。

まずは水平線をたくさん描く

 これは簡単です。

 ペンツールで適当な場所をクリック、Shift キーを押しながら横に離れた適当な場所でもう一回クリック。

直線

 描いた直線をAlt キーとShift キーを押しながら少し下へドラッグ&ドロップして、間髪入れずCtrl +D キーで複製を作成します。

複数の直線

 こんな感じになればOKです。

ChatGPTの知恵を借りる

 早速ChatGPTさんの登場です。

 まずは描画した線幅をランダムにします。

 線を全て選択して、下のスクリプトを実行します。

アイコン

線幅をランダムにするChatGPTに作ってもらったIllustratorスクリプト 0.80 KB 55 downloads

線幅をランダムにするChatGPTに作ってもらったIllustratorスクリプト…

線幅ランダム

 スクリプトを実行すると、ダイアログが表示されるのでランダムに指定したい線幅の最小値と最大値を入力します。

線幅結果

 こんな感じになると思います。

次にY軸方向にランダムに移動

 続いて線の位置をランダムに移動します。

 またもやChatGPTで生成した選択したオブジェクトをY方向にランダムに移動するスクリプトを実行します。

ランダム移動

スピード線仕上げ

 線パネルでプロファイルで両端を細く指定して、天地のサイズなどを調節していってスピード線を仕上げます。

スピード線仕上げ
Picture of Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加
勝手マニュアル進捗 39%




PR