Logi Options+ ベータプログラム!

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロスプラットフォームでありえないほど快適な環境を提供してくれるLogicoolのMXシリーズマウス&キーボード。要はデバイスの設定をするソフトLogi Optionsアプリにありますが、そのアプリがLogi Options +に改名され、新バージョンのベータプログラムが始まりました。

Logi Optionsとは?

LogicoolのMXシリーズマウス&キーボードで利用できるアプリで、マウスやキーボードの細かな設定や複数のコンピュータ間でマウスとキーボードをシームレスに使用できるようにするFlowを制御します。

コンピューターAとBがあったとして(Mac、 Windows依存しません)、それぞれのモニターが左(A)右(B)に並んでいたとします。左の画面に表示されているポインタを右のモニタの方へ移動していくと、モニタを飛び越えてポインタが右の画面に表示されると同時に操作の対象が自動的にコンピュターAからBへ変わります。さらにコンピューターAでなにかをコピーしてBにペーストすることも可能で、これはもう魔法のようです。

驚いたことにこれはMacでもWindowsでも関係ありません。混在していても大丈夫です。

このFlowはLogicoolのMXマウス&キーボードシリーズで利用することが可能です。

入手方法

以前にもデザイナーが使うべきマウスで紹介したLogicoolのマウス、Logi Optionsという設定アプリをインストールすることで使用できるFlowという機能が凄まじく便利なんです。

そのLogi OptionsアプリがLogi Options +へ大幅アップデートされるようで、ベータプログラムが始まっています。ベータ版アプリはベータプログラム参加申し込みをしてからダウンロードできるようになる仕組みで、正しく登録されるとMac版Windows版ともメールでリンクが送られています。

インストール

Windows版のインストールでは特に細かな設定はありませんが、Mac版ではアクセスビリティでLogi Options +アプリにセキュリティとプライバシーでアクセシビリティと入力監視の権限を与える必要があります。

起動してみると

起動するとこんな画面が表示されます。

残念ながら自分のキーボードはまだサポートされていないようです。

マウスポインタはWindows、Mac間で移動できますが、画面が表示している通りキーボードはサポートされていないので、自動的にキーボードが切り替わることはありませんでした。

このキーボードはCraftというモデルで結局あんまり使わないホイールがキーボードの左上についているモデルです。自分が購入した当時、英語配列のものが日本国内で販売されていなくて、留学中の長男にカナダから送ってもらってやっと購入できたものです。もう結構古いものになるので、今後Logicool Options+に対応するのか、ちょっと不安ですが気長に待つことにします。

現在の日本ではアマゾンでホイールなしのUS配列の同じ系統のキーボードが購入できるようです。

アンインストール

Windows、Macとも通常の手順で削除することができました。問題のCraftキーボードが未対応問題もアンインストールすれば元通り。

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)

blog

Gucci Burst

Gucciのことはあまり詳しくありませんが、多分若