crftロゴ

Hasselblad X2Dのレビュー記事

ProNewsさんに寄稿しました
hasselblad X2D
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hasselblad X2Dのレビュー記事

 中判ミラーレスカメラのHasselblad X2Dのレビュー記事をプロ機材情報のPRONEWSさんに寄稿 しました。

Hasselblad X2Dというカメラ

 Hasselbladがミラーレスシリーズをリリースし始めてから数年経ちますが今回のX2Dで同シリーズ3代目となります。

 いままでのモデル名はX1D、X1D II 、そして今回のX2Dです。

 センサーサイズが35mmフルよりも大きく、43.8mm x 32.9mmとなっています。

センサーサイズ

 そんな大きなセンサーで撮影できる画素数はなんと1億画素。

 まぁもはやスマホでも1億画素を謳っている機種もあるので、それほどのインパクトではないかもしれませんが、色深度16bitのRawファイルは1枚で200MBを超えます。

 そんなファイルを高速処理するために内部に1TBのSSDを備えている。

 さらに手振れ機構が搭載されていてスローシャッタースピードでも手振れが起きにくいシステムになっています。

 そんな物欲度が高まるばかりになるX2Dを1週間お借りしてレビュー記事をPRONEWSさまに寄稿しました。

 カメラの詳細は下のリンクを参照していただければと思います。

それでも手元にあるX1D IIがかわいくなっていく

 自分の手元には先代のX1D IIがあります。

 X2Dと比べるとボディが若干薄く非常に握りやすい。

 画素数は半分の5000万画素ですが、正直十分です。

 このボディにXCD45Pを常に装着して普段使いしています。

hasselblad4/45

 X2Dを1週間どっぷりつかったあとに改めてこのX1D II とXCD4/45Pとの組み合わせの取り回しの良さ、キュートでたまらなく感じてきました。

 カメラ本体の値段は80万を切るし、XCD 4/45Pレンズも15万前後とこのセットだと100万以下で手に入るハッセルということになります。

 もしかして、これはねらい目かも!