このエントリーをはてなブックマークに追加


  • エクステンション



  • ラフィックスタイルライブラリ
  • シンボルライブラリ
  • スウォッチライブラリ
  • ブラシライブラリ

3Dとマテリアル

illustrator 3Dとマテリアル

 2022年から大きく刷新されたのがIllustratorの3D機能です。

 Adobeが新しく展開している3D関連のソリューションにも整合性があり、Substance 3Dで作成したマテリアルを利用することも可能です。

3Dとマテリアルの構成

 大きくオブジェクトマテリアルライト の3つのタブに分かれています。

 各タブを選択することでそれ以下のパネル内の内容が変化します。

 またレンダリングモードを右肩のアイコンより選択することができます。

 レイトレースを選択すると、よりリアルな立体表現が可能になります。

オブジェクト

 選択したパスをどのように立体化するかを決定します。平面 は立体化せずに立体空間にパスを配置するイメージ、押し出し はパスを立体的に引き伸ばすような立体化、回転体 はパスを立体的に回転したときにできる形状、膨張 は風船を膨らませるようにパスが立体的に膨らみます。
平面
平面
押し出し
押し出し
回転体
回転体
膨張
膨張