パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9

このエントリーをはてなブックマークに追加

新規ウィンドウ(W)


アレンジ(A) 
Exchangeでエクステンションを検索
ワークスペース


エクステンション


コントロール(C)
ツールバー


3Dとマテリアル
CC ライブラリ
CSS プロパティ
SVGインタラクティビティ(Y)
アクション(N)
アセットの書き出し
アピアランス(E) Shift+F6
アートボード
カラー F6
カラーガイド Shift+F3
グラデーション Ctrl+F9
グラフィックスタイル(S) Shift+Ctrl+F11
シンボル Shift+Ctrl+F11
スウォッチ(H)
ドキュメント情報(D)
ナビゲーター
バージョン履歴
パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9
パターンオプション
ブラシ(B) F5
プロパティ
ラーニング(廃止)
リンク(I)
レイヤー(L) F7
分割・統合プレビュー
分版プレビュー
変形 Shift+F8
変数(R)
属性 Ctrl+F11
情報 Ctrl+F8
整列 Shift+F7
書式
 OpenType
 タブ
 字形
 文字
 文字スタイル
 段落
 段落スタイル
画像トレース
線(K) Ctrl+F10
自動選択
透明 Shift+Ctrl+F10


グラフィックスタイルライブラリ
シンボルライブラリ
スウォッチライブラリ
ブラシライブラリ

パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9

パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9

パスファインダー

 異なったパスを選択して、様々な方法でパスを融合させます。パスファインダーが実装されたとき、この機能は魔法のように感じました。

 一つずつ機能の特性を見ていきます。

形状モード

 上の段の4つアイコンが形状モードで複数のパスより新たな形状を作成するイメージです。AltキーまたはOptionキーを押しながらクリックすることでオリジナルのパスを破壊することなく複合シェイプを作成することが可能です。下のキャプチャ画像はすべて非破壊方式でパスファインダーを実行した例です。

合体

 パスを合体します。色指定の内容は前面のものが優先されます。
パスファインダー 合体

前面オブジェクトで型抜き

 前面オブジェクトで背面オブジェクトを型抜きします。前面オブジェクトは見えなくなります。
パスファインダー 前面オブジェクトで型抜き

交差

 前後で重なった部分が有効になります。色指定は前面の内容が採用されます。
パスファインダー 交差

中マド

 前後で重なった部分が中マドになります。色指定は前面の内容が採用されます。
パスファインダー 中マド

パスファインダー

 形状モードとは異なって正しく複数のオブジェクトからパスを導くツールです。パスを導くツールなのでパスファインダーには非破壊のモードはありません。

分割

 交差部分を新たなパスにします。

パスファインダー 分割

刈り込み

 前面オブジェクトが背面オブジェクトにめり込むようなパスが作成されます。なぜか先指定がキャンセルされます。

パスファインダー 刈り込み

合流

 色指定を統一しておかないとうまく動作しません。色指定がことなった状態で実行すると刈り込みと同じ結果になってしまいます。オブジェクト全体が合流したパスが作成されます。

パスファインダー 合流

切り抜き

 交差している部分のパスが残ります。でも手前のパスの一部も残ります。なぜかはわかりませんが、独立したパスになっているので削除してしまえば問題ありません。

パスファインダー 切り抜き

アウトライン

 ちょっと予測がつかないイメージがあり、さらに色指定が線幅0の線指定になります。なにかタッチに特徴のあるイラスト的なものを作成したいときには便利かもしれません。

パスファインダー アウトライン

背面オブジェクトで型抜き

 背面のオブジェクトで前面のオブジェクトを型抜きします。色指定は前面が優先されます。

パスファインダー 背面で型抜き