Adobe 大型アップデート

本日Adobe CC関連アプリの大型アップデートがありました。

自分の環境で確認できたのは、

  • Photoshop 21.2.0
  • Illustrator 24.2
  • InDesign 15.1
  • Premiere Rush 1.5.16
  • Premiere Pro 14.3.0(Build38)
  • AfterEffects 17.1.1(Build 34)
  • Bridge 10.1.0.163
  • Dimension 3.3
  • Character Animator 3.3.1
  • Audition 13.0.7.38
  • Camera Raw 12.3
  • Light Room
  • Light Room Classic

イタリックはインストールしていないので未確認です。

ほとんどが角丸のアイコンに統一され、なんでも角丸はクロスデバイスとクラウド対応の証のようで、正式にそれぞれが対応したのでしょうか。Photoshop、Illustratorともクラウドドキュメントエリアにシームレスにアクセスできるようになった模様です。

スプラッシュ画面も統一の方向にあるようで白バックの角丸のベースに各アプリのテーマイメージが表示されるようになりました。

Bridge

大幅な速度向上を体感できます。それだけでもアップデートの価値がありますが、機能の向上も多いようです。サムネイルの透明表示の制御などができるようになったようです。

Photoshop

クラウドへのシームレスなアクセス、プリセットの向上、新しい選択のツール、プロパティパネルの向上、スマートオブジェクトをレイヤーに戻したときの挙動の向上などが盛り込まれているようです。

Illustrator

クラウドへのシームレスなアクセス、ドキュメントを開くときの速度の向上、カンバスの100倍拡大(すごい)などが含まれているようです。

リリースノートが公開されました 

After Effects

ホーム画面に表示される内容は前回のアップデート時のものだと思います。主にはバグフィクスのようです。ちなみにVideoCopilotのElement3Dは無事動作しました。

Camera Raw

インターフェイスが大幅に変わりました。これは旧ユーザーは慣れが必要かもしれません。以前画面上部に並んでいた機能別アイコンは右側に集約され、機能のまとめ方が若干変更になりました。フリンジ除去ツールにはスポイトツールがついて、フリンジ部分を指定して、半自動でフリンジ消去をすることができるようになりました。イイかも!

その他の更新内容は追跡調査して、掲載いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 24.8%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)