crftロゴ

ElementorがStratticを買収

なにか大きなものが始まるかも
elementorとstrattic
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ElementorがStratticを買収

ElementorがStratticを買収

 Elementor は、安全で高性能なWebサイト向けの主要なWordPress静的ホスティングソリューションであるStrattic を買収しました。

 StatticはWordPressヘッドレスCMSとして使って実際に公開するウェブサイトは静的なファイルにするソリューションで、動的な処理をそのまま公開しないことによってセキュリティが非常に強固になるとされています。

ヘッドレスCMSの可能性

 WordPressは非常に便利なウェブプラットフォームですが、動的にウェブサイトを表示するために常にコンテンツを動的に処理するプログラムが稼働している必要があります。

 このような高度な環境が悪用の対象になってしまいます。

 編集環境はWordPressそのままで、WordPressは非常に便利なウェブプラットフォームですが、動的にウェブサイトを表示するために常にコンテンツを動的に処理するプログラムが稼働している必要があります。

 このような高度な環境が悪用の対象になってしまいます。

 編集環境はWordPressそのままで公開部分だけを静的なファイルを公開することでハッカーからのアタックなどがしにくい環境を作り上げ、さらに動的なサイト動作をエミュレートするというのがヘッドレスCMSの考え方です。

 Stratticはその環境を高度に実現するソリューションであると説明されています。

セキュリティ対策という重荷

 ウェブ案件のほとんどでWordPressを使っているという現状ですが、それらサイトのセキュリティ対策は非常に重要で毎日の業務に組み込まれるほど頻繁にチェックするものになっています。

 大まかにはWordfenceというセキュリティを強化するプラグインをインストールして、ファイルの改ざんや、普段とは異なった動きがサイトになかったかを見張るという作業になります。

 経験上のWordfenceさえインストールしておけばほとんどのケースで未然にアタックを防いだり、サイトへの悪意のある行為を防ぐことができていますが常にサイト運用に対する不安感は消えることはありません。

 サイトが動的に動作すればするほどこの不安感は高まっていきます。

ElementorがStratticを買収する意味

 一見ElementorとヘッドレスCMSの考えは無縁に思えますが、いち早くページビルダーをありえない速さで進化させていったElementorがヘッドレスCMSのソリューションをウェブの未来の一部と認識したのは納得のいくことです。

 ダイナミックにウェブ作成・編集できる環境を提供し、安全にウェブを公開できる環境を一括で提供するということです。

 入力と出力の考えをスマートに切り離し、一貫したサービスで簡単・安全にウェブというメディアを支えていくのがElementorであるという哲学が見えてきます。