Adobe Substance 3Dがコンプリ―トに入っていないのが納得できない

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近AdobeからAdobe Substance 3Dという3D制作支援ツール群が発表されました。そしてAdobe Bridgeも完全対応。おおスバラシイと言いたいところですが、実はこのAdobe Substance 3D、コンプリートプランには含まれていません。コンプリートプランユーザーでも新規に月5000円程度の新規プランを購入する必要があります。

これはちょっといただけません。

こういうことするから反乱軍がどんどん力をつけるわけであって、反乱軍が力をつけるのは全くもって賛同なんですけど、こういう行動からほころびが広がっていくんだと思います。

Adobeさんは自分が二十歳そこそこのころからお世話になっている企業。Apple(スティーブジョブス)とうまくいかなかった時期も自分はその企業価値を忘れずについていったつもりです。

でも今回のSubstance 3Dに関する売り方は全く賛同できません。

Adobeの唯一の弱点、3D関連の突破口にもなれるのに、その最終兵器に自らハードルを上げてしまうという決断。。。

アメリカの元役員が友人である自分にとっては、これ決断したのだれ???という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.5%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)