Google Authenticatorバックアップ!

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressでのウェブ制作が当然になっている昨今ですが、サイトをハックされてしまうケースも年々増えています。アタックのログを見ていると結構多いのが普通にログインしようとするケース。パスワードが解明されてしまうとすんなり入れて、あとはやりたい放題です。

そのログインプロセスを強固なものにするのがGoogle Authenticatorを使った2FAと略される2段階認証です。

毎分異なった6桁の数字を刻々と生成し続けていて、ログイン時に連携したアカウントに対してその時の6桁の数字を入力するとめでたくログインに成功する仕組みです。

Google AuthenticatorはアンドロイドとiOS、iPadOSで使うことのできるアプリですが、問題はデバイスが故障して使えなくってしまったとき。

まずはバックアップ

2FAをGoogle Authenticatorで設定するときに発行されるQRコードを保存しておくのが一番間違いはありませんが、肝心なときに肝心なものを控えていないから困ります。

Google Authenticatorでは登録したアカウントをまとめて10アカウントごとにバックアップする機能がついています。

1.画面、右上にある…をタップ、プルダウンの中のアカウントのエクスポートをタップします。

2.アカウントのエクスポート 別のデバイスにアカウントをエクスポートできます。一度に最大10個のアカウントをエクスポートできます。 というメッセージが表示されます。

画面右下にある続行ボタンをタップします。

3.Face IDが起動した後、登録されたアカウントがリスト表示されます。エクスポートしたいアカウントにチェックをして、画面下のエキスポートボタンをタップします。

4.QRコードが表示されます。

このQRコードを別のデバイスや復旧のときに読み取ることによって、アカウントが復活します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 26%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)