Photoshop、Illustratorからのコピーが進化

でも、少しビミョーかも
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshop、Illustratorからのコピーが進化

Illustratorでオブジェクトをコピー、Photoshopでペースト

 よくあるオペレーションです。実行すると、

 こんなダイアログが表示されてペーストの仕方を選択することができます。下から4つは今までもあったオプションで

スマートオブジェクト

スマートオブジェクトとしてペーストされ、レイヤーをダブルクリックすると内容がイラストレーターで開きます。

ピクセル

ラスタライズされた状態でレイヤーになります。

パス

作業用のパスとしてペーストされます。

シェイプレイヤー

シェイプとしてペーストされます。パスごとに再配色が可能です。

そして、今回追加されたのがレイヤーというオプションです。

レイヤーオプション

PSD形式で書き出したときと同じ挙動

 Illustrator内のパスの相対的な位置を維持したままPhotoshopにアートワークを読み込む方法として、Illustratorのファイルメニュー>書き出し>書き出し形式…でPhotoshop(*.PSD)を選択する方法があります。実行すると生成されたPSDファイルの中にラスタライズされたアートワークが複数レイヤーになって再現された状態になっています。
オリジナルのイラストレーターファイル
書き出しで生成されたPSD

 今回追加されたレイヤーオプションでは同じことが起きます。

レイヤーオプションでペースト

 新田(父)的にはもう一声進化してもらいたいことがあります。ラスタライズされた状態ではなくてシェイプレイヤーとして配置してほしい!ラスタライズされてしまうと、もうリサイズができません。特に拡大はもうできないし、繰り返し回転などもできない。正確にいうとできるんですけど、アートワークの精度が編集のたびに落ちていってしまいます。

結論

 多分、このオプションはあまり使わない気がします。結局はスマートオブジェクトでペーストが一番便利かも。

勝手マニュアル更新中

進捗状況 32.2%