パスに沿ったテキスト

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフィックデザインには文字の処理はつきものですが、そんな文字の処理の中でもパスに沿ったテキストをデザインしたいことって、よくあることです。イラストレーターには専用のテキストツールもあって、かなり充実した環境で様々なテキスト処理をすることができますが、Photoshopは文字の装飾やデザイン制作を前提としたソフトウェアではないため、イラストレーターほどテキスト処理用の環境が用意されていません。

そんなPhotoshopですが、テキストツールにイラストレーターのパステキストツールめいたものがないために、Photoshopでパスに沿ったテキスト処理はできないと思われがちです。でも、できるんですこれが。

パステキストツールというものはない

まずPhotoshopとIllustratorのテキストツールです。
Photoshopのテキストツール
Illustratorのテキストツール

イラストレーターではパスを描いて、目的にあったテキストツールを選択して、といったワークフローになりますが、Photoshopではパスを描いて文字ツールを選んで、パス上でテキストツールのポインタが変化する部分でクリックすればパステキストを実行てきるといった流れになります。

配置したパステキストの中にあるテキスト位置はパス選択ツールで行います。これはイラストレーターと似た作業方法ですが、厳密にいうと動きが微妙に違います。

テキストの上にパス選択ツールをもっていくと、またもやポインタが変化します。Iビームの左右に矢印が表示された場合はテキストの中心部分を選べます、矢印が左にある場合は文末、右側にある場合は文頭を選べるという意味になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.5%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)