SVGをIllustratorで開く

ウェブページで使われているSVGを開きます。
aiとsvg
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

SVGをIllustratorで開く

普通に開きます

 当たり前ですが、ファイルを指定すれば普通に開きます。

 今回考えたいのはウェブの画像とした埋め込まれたsvgファイルです。まぁ一回ダウンロードしちゃえば問題ありませんが、直接Illustratorで開いてしまう方法があります。

そもそもSVGファイルとは?

 Scalable Vector Graphics(スケーラブル・ベクター・グラフィックス、直訳すると変形可能なベクター画像!しかもロゴマークがあって、上のSVGと書いてあってコロナウィルスみたいのが生えてるのが公式ロゴみたいです。 概ね、イラストレーターのデータを想像すれば良いんだと思います。それもそのはずWikiによると源流の中にAdobeの名前があります。

1998年にアドビシステムズ・IBM・ネットスケープコミュニケーションズの3社によって提案されたPGML(英語版)(Precision Graphics Markup Language)と、Autodesk・ヒューレット・パッカード・Macromedia・マイクロソフト・Visio(英語版) の5社によって提案された VML (Vector Markup Language)をもとにして、W3C SVG ワーキンググループにより開発された。

Wikipedia

 ベクターデータをマークアップ式にして汎用性を高めた感じでしょうか。特徴として非常に軽量にできたり、専用のエフェクトを施したり、また拡大してもビットマップのようにぼやけたりしない表示をすることが可能です。

SVGに対応しているIllustrator

 ベクターデータなのでIllustratorも完全に対応しています。前半で述べたとおり普通にファイルとして開けますが、実はウェブに埋め込まれたSVGファイルをローカルにコピーしないで直接開く方法があります。

 たとえばこのサイトcrftのすべてのページの左上にあるサイトのロゴマークはsvgファイルです。

crftロゴ

 そして、ファイルのurlは

https://crft.jetsets.jp/wp-content/uploads/2020/08/crft_logo.svg 

 このurlをコピーして、Illustratorのファイルメニュー>開くを実行します。

illustrator開く

 ファイル名のところに上のurlをペーストすれば一回ローカルにファイルとして保存することなくIllustratorでcrft_logo.svgというファイルが開いたと思います。

 この方法、以前PhotoshopでウェブからPNGファイルをコピペしたときに透明部分が黒くなってしまう問題の回避方法と基本同じ方法です。