crftロゴ
辞典アイコン

RGBとCMYK

CMYKRGBの表現の差で生じる問題

 そもそもIllustratorは印刷媒体用にデザインを制作するためのツールとして開発されたソフトウェアなので、色の表現はインクを使った色の表現方法、CMYKを基本としています。

 CMYKとは色の3原色。

 Photoshopはというと、基本はRGBの色表現で、さらに眺めているモニターはRGBで発色しています。

 RGBは光の3原色です。

 Photoshopでは大変便利なベクターオブジェクト。

 Illustratorで作成したデータをPhotoshopにペーストすることって結構多いと思います。

 そんなときに、Illustratorで作ったアートワークの色がPhotoshopにペーストした瞬間に変わってしまうことがあると思います。

 これは上記のCMYK<>RGB、両者の持つカラースペースが異なるために生じる問題がほとんどです。

混乱の元、Illustratorでの色指定とドキュメントカラーモード

 IllustratorではCMYKがベースになっていますが、RGBでも色指定が可能です。

 しかしこの色指定方法、指定方法だけであくまでドキュメントのカラーモードが優先されて色が決定されます。

 ドキュメントカラーモードがCMYKでRGBでアートワークの色指定をしたとします。

 そのRGB値がCMYKカラースペースで再現できない色だと、できるだけCMYKで再現できる近似色に自動で再設定されます。

 CMYKカラーモードで、RGBの色指定を行います。

 ここではRGB = 0, 100,100に指定してみました。

CMYKドキュメントでRGB指定
RGBドキュメントでRGB指定

 左のようにくすんだ水色になります。

 これは本来のRGB:0,255,255ではありません。

 ためしにドキュメントカラーモードをRGBへ変えてみると、CMYKの時の解釈値に変化します。

 もう一度RGB = 0,100,100に指定しなおせば本来のRGBの水色が再現されます。

Photoshopでイラストレーターのデータを使うときの注意点

 このようにIllustratorでは基本概念で使うカラーモードがCMYK、PhotoshopではRGBということが原因であることがわかりました。

 こういった問題を回避するには最終的な成果物をスクリーンで表示するものか紙面上に印刷するものかで、作り始めるときからカラーモードを正しく選択しておく必要があるということです。

Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加
勝手マニュアル進捗 39%




PR