RGBとCMYK

そもそもIllustratorは印刷媒体用にデザインを制作するためのツールとして開発されたソフトウェアなので、色の表現はインクを使った色の表現方法、CMYKを基本としています。CMYKとは色の3原色。

Photoshopはというと、基本はRGBの色表現で、さらに眺めているモニターはRGBで発色しています。RGBは光の3原色です。

Photoshopでは大変便利なベクターオブジェクト。

Illustratorで作成したデータをPhotoshopにペーストすることって結構多いと思います。そんなときに、Illustratorで作ったアートワークの色がPhotoshopにペーストした瞬間に変わってしまうことがあると思います。これは上記のCMYK<>RGB、両者の持つカラースペースが異なるために生じる問題がほとんどです。

混乱の元、Illustratorでの色指定とドキュメントカラーモード

IllustratorではCMYKがベースになっていますが、RGBでも色指定が可能です。しかしこの色指定方法、指定方法だけであくまでドキュメントのカラーモードが優先されて色が決定されます。

ドキュメントカラーモードがCMYKでRGBでアートワークの色指定をしたとします。そのRGB値がCMYKカラースペースで再現できない色だと、できるだけCMYKで再現できる近似色に自動で再設定されます。

CMYKカラーモードで、RGBの色指定を行います。

ここではRGB = 0, 100,100に指定してみました。

CMYKドキュメントでRGB指定
RGBドキュメントでRGB指定

左のようにくすんだ水色になります。これは本来のRGB:0,255,255ではありません。ためしにドキュメントカラーモードをRGBへ変えてみると、CMYKの時の解釈値に変化します。

もう一度RGB = 0,100,100に指定しなおせば本来のRGBの水色が再現されます。

Photoshopでイラストレーターのデータを使うときの注意点

このようにIllustratorでは基本概念で使うカラーモードがCMYK、PhotoshopではRGBということが原因であることがわかりました。

こういった問題を回避するには最終的な成果物が画面のものなのか紙面のものなのかで、作り始めるときからカラーモードを正しく選択しておく必要があるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 24.9%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)