Illustratorに複数あるぼかし、なんで?

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorには効果にぼかしがふたつあります。

illustrator効果のぼかし
photoshop効果のぼかし

大きくはIllustratorの効果とPhotoshopの効果にわかれていて、Illustratorの中にはひとつだけぼかしが用意されており、Photoshopの中にはガウス、放射状、詳細と用意されています。Photoshopのフィルターを読んでいるのかな、とおもいきや比べてみると、

photoshopフィルターのぼかし

全然違いますね。

なんか混乱しますが、それでは具体的に何が違うのか?

想像するにPhotoshop効果はラスタライズして効果を実行だと思いますが、パスだってレンダリングしてから実行するわけなので実質変わらないような気がします。

Illustrator効果のぼかし

illustratorぼかし

ぼかし具合をポイントで指定します。

さらにぼかしはパスの内側にかかります。

指定内容はいつでもアピアランスウインドウパネルで変更することができます。

Illustrator効果のぼかし

グループ化したオブジェクトにIllustrator効果を適用すると興味深いことに気づきます。エッジにしかぼかしが適用されないのです。

Photoshop効果のぼかし

photoshopぼかし

ぼかし具合をピクセルで指定します。

さらにぼかしはパスの外側にかかります。その範囲の大きさに従ってバウンディングボックスの大きさも変わります。

指定内容はいつでもアピアランスウインドウパネルで変更することができます。

Photoshop効果ぼかし

こちらもグループ化したオブジェクトにぼかしを適用してみました。

全体がぼけているのがわかります。

結論

結論も何もないんですが、きっと効果に対する内部処理のそもそも的な考え方が違うので結果も変わるんですね。ぼかしに関してはPhotoshop効果の方がしっくりくる感じです。

ところでPhotoshop効果にあるぼかし(詳細)というやつ。全く意味が分かりません。なんとなく配置したピクセル画像に対して適用する感じがしますが、いまだに解明できません。ぼかし(詳細)のオンラインマニュアルはみつけましたが、サッパリ意味がわかりません。研究しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.1%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)