Googleドライブのアイコンのトレース

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleドライブアイコンのトレース目次

ロゴマークのトレースってIllustratorではよくある作業のひとつです。

ロゴマークのトレースのコツは、そのマークをデザインしたデザイナーの気持ちになって、どうやって図柄を組み立てたのかを読み取ることです。

相当な変態デザイナーでない限り、いろいろな要素を丸い数値(角度など)で構成しているはずです。

今回はGoogleのデベロッパー用のページでGoogleドライブのアイコンを探しましたが、どうやらPNGしかない模様。なのでGoogleドライブのアイコンをトレースしようと思います。

このロゴマーク、2021年の3月あたりでひっそり変わったような気がします。前は角がとがっていましたが今回は角丸です。

見ての通り、正三角形の世界で統一されています。

新田(父)は正三角形見るたびに宗教学者で物理学者のNassim Haramein氏を思い出してしまいます。

この話を掘り下げるとキリがないので、本当に正三角形なのか、一応120度ずつ回してみます。

どうやら正三角形で間違いないようです。もし角丸でなかったら正三角形がたくさん隠れていそうです。

と、いうことは60度と120度あたりでいろいろと割り切れそうです。

まずは元画像をゲット

Googleドライブのブランディングセクションから元になる画像(pngファイル)をダウンロードして、アートボードに配置します。編集がしやすい大きさに調節します。配置したレイヤーをロックして、新規レイヤーで作業を進めていっても良いですが、自分は面倒なので画像を選択してCtrl+2でオブジェクトをロックしちゃいます。

図形の構成を理解する

とりあえず中心からみていきましょう。真ん中の白抜きになっている正三角形が一番目標にしやすそうです。正三角形は多角形ツールで作成します。

アートボード上で描画したい三角形の中心にしたいあたりでAltキーを押しながらクリック。図のようなパネルが表示されます。

辺の数を3にして、OKをクリックします。

半径の大きさは極端でなければなんでも良いとおもいます。

どーせ読み込んで配置した画像に大きさを合わせる必要があるので適当で大丈夫です。

適宜、移動、拡大縮小をして、こんな感じになればOKです。線は破線指定をして0.5ptの太さです。

この線があんまり太いと狙いどころがわからなくなってしまうので、0.5ptくらいが適正だと思います。

次に三角の上の頂点から垂直に線を引いてみます。

その線を120度、240度回転コピーして各頂点にスナップして配置します。

線の交わったところが、この三角形の中心です。

実はこの中心の導き方、属性パネルのボタンをひとつクリックするだけで表示されるんですが、やはり図形を読み取りたいというプロセスの中では手動で中心点を出したくなります。

パネルの中にボタンが見当たらない場合は右上のハンバーガーメニューより、すべてを表示を選択すると、表示内容が増えます。

導いた中心から、正三角形を拡大コピーします。

なんだか早くもデザイナーの目論見が見えてきた気がします。中心の抜きの三角とその頂点の延長線上にある少し小さな三角、そして外側のギャップを埋めるような台形から構成されています。

ここまで解析できればあとは速いです。

用済みになった線を消して、基本形を組み立てましょう。

実際に作成してみる

この構造さえわかれば、中心点を気にする必要もありません。

.中心になる正三角形を描画、図のような少し小さめの正三角形を頂点同士が重なるように描画。

一回適当に描画して、ポイントにスナップで移動すればキレイにできると思います。

.同様にすべての頂点に対して、小さな三角を配置します。

サイズをピッタリ合わせないといけないので、二つ目に描いた小さな三角形をコピーしていくと良いでしょう。

必ずポイントにスナップして、中心の大きな三角の頂点と小さな三角の頂点が同じ位置になるように配置します。

.次に台形の部分を描画します。

ペンツールですでにポイントが存在する部分から描画しようとすると、ポイント削除ツールに切り替わると思います。ポイントを削除せずに、そのポイントから新たにパスを描きたいときはShiftキーを押しながら既存ポイント部分でクリックします。

繰り返して図のような形を描画していきます。

.真ん中の大きな三角を削除します。

さてここでちょっと問題。マークの外側は角丸になっていました。その角丸の中心で色が切り替わっていました。2つの異なったオブジェクトが角丸のひとつを表現しているということです。

.すべてを選択してCtrl+Cでコピーします。

でもまだペーストはしません。

.パスファインダーで合体を実行します。

.ダイレクト選択ツールで、外側のパスだけを選択して、コーナーツールで角丸を調節します。

Altキーを押しながらダイレクト選択ツールで外側のパスだけを選択するようにします。

.Ctrl+Fでコピーした内容を全面にペーストします。

.すべてを選択しなおして、パスファインダーの分割を実行します。

分割を実行するとパスのある部分をすべて分割した状態にします。

不要な部分を削除して、各色を指定すれば出来上がりです。

左がGoogleが配布しているPNGファイル、右が今回トレースしたものです。

気づかれた方もいると思いますが、ここまでのプロセスで作成した図形、なんかへんなアンカーポイントが存在します。これ実はこんな感じになってます。

パスファインダーではこのような、不完全な結果になることもしばしばあります。まぁこの程度であればすぐに直せるとは思います。

出来上がったデータを公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.5%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)