完璧な蚊取り線香を描く

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorのスパイラルツールの勝手マニュアルを書こうとして、ふと気づいたのが、これ蚊取り線香は描けないなということでした。なぜかというとスパイラルツールでは円周に近づく割合という数値と全体の大きさ、それとセグメント数に正しい数値を与えないと、思ったような形にはなりません。また、この数値から蚊取り線香をつくろうと思っても、ワタクシの頭では正確な数値なんて、想像もできません。

こたえはスパイラルツールのすぐそばにあった

で、結局なにで描けばよいのか?答えはスパイラルツールのすぐそば、同心円グリッドツールです。同心円グリッドツールは同心円状に好きな数だけ円を描けるツールで、蚊取り線香を描くために生まれてきたツールのようなやつです。スパイラルツールを長押しすると、プルダウンメニューが表示され、多分その一番したに同心円グリッドツールが表示されていると思います。

同心円グリッドツールを選んだら、アートボード上でクリックします。ツールバー上に表示されている同心円グリッドツールをダブルクリックしても同様の設定パネルが表示されますが、ツールにたいして値が設定されるだけで描画はされません。ツールを選んで、アートボード上でクリックです。

設定内容を上図のようにしてOKをクリックします。

こんな図形が描けたと思います。でも、これでは蚊取り線香にはなっていませんね。そこで円の上の部分だけをカットします。ダイレクト選択ツールで、図のように同心円の上部にあたるアンカーポイントだけを選択して、

カットします。削除ではありません、Ctrl(win)、Command(mac)+Xキーでカットです。

つづけて、ペーストします。Ctrl(win)、Command(mac)+Vキーがペーストのショートカットです。

ペーストしたあと、図のように図形を移動します。このとき、アンカーポントがすべて選択されている状態になっていることが重要です。さらに表示メニュー>ポイントにスナップが選択されていることも重要です。

かなり蚊取り線香っぽくなってきました。ここからオブジェクトメニュー>パス>連結を選択すると、つながっていないパスが連結されます。

この部分も結合されてしまうと思いますが、ここは削除してしまえば問題ありません。合わせて線の調節もしていきましょう。

ここでは線幅を12pt、線端を丸く、線の色をCMYK=100,0, 100, 70に設定してみました。まだ使う前の2つの蚊取り線香が合わさった状態のものができました。片方をけせばいっこの蚊取り線香になりますが、参考までに、この状態のアートワークをいつものように公開しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.6%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)