Lottieファイルを作成するAfterEffects用プラグイン

BodyMovinではないです
LottieFiles
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Lottieファイルを作成するAfterEffects用プラグイン

Lottieとは?

開発元のAirbnbによると、

LottieはJSONベースのアニメーションファイルであり、デザイナーは静的なアセットを作るのと同じくらい簡単に、どんなプラットフォーム用のアニメーションを作成することができます。これらは、ファイルは非常に小さく、またどんなプラットフォームでもピクセル化せずにスケールアップまたはスケールダウンした表現が可能です。

 専用のJSONベースのファイルを専用のプレーヤーでレンダリングすることで、任意のウェブページ埋め込むことができるアニメーションソリューションである、という感じです。

 80年代からグラフィックデザインを仕事にしている自分にはナゾな感じではありますが、そんなデザイナーにもコーディング的なプロセスなしにアニメーションを作成する方法があります。

Lottieアニメーションを作るには?

 AfterEffectsにBodyMovinというプラグインをインストールしてLottieアニメーションを作成するのが主流でした。

 そこへ最近になってLottieFilesから正式にAfterEffects用のLottieFiles for AfterEffectsというプラグインがリリースされました。さすがに公式だけあってLottieアニメーションを超絶にスムーズに作成できるプラグインです。

LottieFiles for AfterEffectsのインストール

 LottieFiles for AfterEffectsはZXPファイルで配布されています。ZXPファイルは専用のインストーラーがありますが、これが結構ややこしいというか普段使うことがあまりないので、ちょっと迷子になりがちです。

 でも最近はCreative Cloudデスクトップアプリからもインストールできるようになりました。

 Stockとマーケットプレイスをクリックしプラグインへと進みます。

 検索ウィンドウにlottieと入力して検索を実行します。

 画像はインストール済になっていますが、インストールされていない状態だと入手ボタンが表示されます。

 ZXPファイルのインストールも簡単になりました。

 LottieFiles for AfterEffectsはLottieアニメーションをスムーズに作るための機能が満載なので、細かな使い方は別の記事で紹介したいと思います。

Lottieに対応しているElementor

 crftでも使っているWordpress用のページビルダーElementorにはLottieというウィジェットが用意されていて、セクションにそのLottieウィジェットをドロップしてファイルを指定するだけでアニメーションを埋め込むことが可能です。

 Elementorを使えば簡単爆速でLottieアニメーションを実装していくことが可能です!

勝手マニュアル更新中

進捗状況 32.2%