2つのヌルを結ぶ線を作成する

パスのアニメーションだけでは手軽に実現しづらい2点が決まりきっている線の処理ですが、調べてみると「レーザー」というエフェクトを応用して実現できるようです。サムネのようにフッテージに合成するときも応用が効きやすいと思います。今記事では線をつくるとこまでやります。プロジェクトファイルを以下よりダウンロードできます。

新規プロジェクトを作成します

例としてFHD(1920 x 1080 px)のコンポジションを作成します

右クリックメニューから「ヌルオブジェクト」を2つ作成します

右クリックメニューから「平面」を作成します

平面の内容はデフォルトのままで大丈夫です

平面に「エフェクト」>「描画」>「レーザー」を適用させます

こうなります

ヌルオブジェクトを2つとも選択して、「P」を押下します

次に平面レイヤーを選択します。

エフェクトコントロールパネルのストップウォッチアイコンをAltを押しながら左クリックします

終了ポイントのスナップをヌル1の「位置」パラメータへドラッグします

開始ポイントのスナップをヌル2の「位置」パラメータへドラッグします

平面レイヤー選択してエフェクトコントロールパネルから「長さ」を100%にします

平面レイヤーをロックして、ヌルオブジェクトをドラッグしてみると、ヌルとヌルの間に線画引かれているのがわかります

ここまでで「2つのヌルで制御できる線」を作成できました。次は実際のフッテージに合成します。

>>つぎへ(準備中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 25.5%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)