選択を解除(D) Ctrl+D

すべてを選択(A) Ctrl+A
選択を解除(D) Ctrl+D
再選択(E) Shift+Ctrl+D
選択範囲を反転(I) Shift+Ctrl+I


すべてのレイヤー Alt+Ctrl+A
レイヤーの選択を解除(S)
レイヤーを検索 Alt+Shift+Ctrl+F
レイヤーを分離


色域指定(C)…
焦点領域(U)…
被写体を選択


選択とマスク(K)… Alt+Ctrl+R
選択範囲を変更(M) 


選択範囲を拡張(G)
近似色を選択(R)


選択範囲を変形(T)


クイックマスクモードで編集(Q)


選択範囲を読み込む(O)…
選択範囲を保存(V)…


新規3D押し出し(3)


選択を解除(D) Ctrl+D

ショートカットのDはDropとかDeselectのDだと思いますが、このショートカットはぜひ覚えたいものです。一見選択の解除という操作はなんでもない気がしますが、全画面を選択しているときに、選択解除したいときに一瞬戸惑うことがあります。

そんなときはCtrl+D(win)、またはCommand+D(mac)!

まったく関係ありませんがIllustratorのCtrl+DはDuplicate(複製)のDで最後に行った操作をもう一度実行します。例えばオブジェクトを10°回転してコピーしたあとCtrl+dを押すと、コピーされたものが、もう10°回転して、さらにコピーされます。

Illustratorでも重要なショートカットです。