3Dレンダラーまとめ

タイムラインパネルの3Dボタンをオンにすることでレイヤーを3Dオブジェクトとして編集することができる機能ですが、3Dのレンダリング方法はクラシック、Cinema4D、レイトレースの3種類あります。これらはそれぞれできることとできないことが異なるため、最終的に制作する映像のイメージを正確に把握してプロジェクトを作っていく必要があります。

上記以外にもラスタライズされたレイヤーや、プリコンポジションなど細かい部分で差異があります。Cinema4Dで致命的なのが、モーションブラーと被写界深度が使えないところです。

最新のAfterEffectsではレイトレースモードが廃止されました。

詳しくは文字の立体化2020年版をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)

Elementorで超時短

次世代WordpressビジュアルページエディターElementorをチェックする!