進化が止まらないページビルダー

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、ウェブデザイン案件のほとんどをWordpressで作成していますが、それはウェブというメディアがいままでの既存メディアである書籍や雑誌がもっている情報構造に非常に親和性が高く、さらに進んだ情報の活用の仕方が可能だからなんだと思います。

WordPress自体はシンプルなブログシステムですが、サイトのデザインや付加機能を制御するテーマというファイル群を外観としてインストールし、さらにはプラグインによって様々な機能を追加していくことが可能です。

デザイン会社としては、デザインの自由度が最優先になりますが、ここ数年はQode Bridgeというテーマとそのテーマに付属するWP Bakery Visual Composerというセットで、ウェブサイトを作ることがほとんどでした。この組み合わせを使うと、サイト全体のデザインをグローバルで設定することが容易で、各ページをレゴを組み立てるように作成していくことができます。実はこのサイトcrftもこのセットでできています。

でも、その黄金コンビにちょっと変化が見えてきました。Qode Bridgeには付属するプラグインがいくつか用意されていますが、ある日からElementorというプラグインが追加されました。最近さかんに広告をしているブランドなので、知っている方も多いとは思いますが、ElementorはWP Bakery Visual Composerと競合になるWordpress用のページビルダーです。

WP Bakery Visual Composerはひとつの機能をブロックにみたてて、コラム分けした編集画面にそれを並べていきます。

Elementorも同じ考え方ですが、最終的なページのイメージを見ながら編集が可能で、いちいち表示を確認する必要がないのがおおきな利点です。

さらにPRO版にアップグレードすることで、テーマまでをオーバーライドすることが可能で、一括したデザイン設定が効率よく可能になります。

効率のよいウェブデザイン制作のワークフローを考えると、完全にElementorに軍配が上がります。

まったくもって下克上のインターネットの世界なので、あくまでも、いまのところですけど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.2%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)