やっぱりMavic 3でした

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりMavic 3でした

2021年11月5日の大型発表はMavic 3

 大方の予想通りMavic 3の発表でした。ロンチイベント称して配信された映像がつぎの映像です。壮大です。

Mavic 3のハイライト

 アップデートされた機体とHasselblad製4/3インチセンサーカメラとズームレンズのデュアルカメラ化。撮影できる映像はなんとResApple ProRes 422 HQ対応の5.1K 50FPS。解像度を4Kに落とせばなんと120FPS…。もうわけわかりません。さらに上位機種のCineはApple ProRes 422 HQに対応、機体に1TBのSSDがインストールされているという豪華さ。

 ところで今回のMavic、Hasselbladの名前がMavic 2 Proより強調されているように思えました。ロンチ映像にはHasselbladからスタッフも出演しています。

 障害物もインテリジェントに回避するみたいです。

Mavic 3の値段

Mavic 3

253,000円

Mavic 3 Fly More Combo

341,000円

Mavic 3 Cine

583,000円

 冷静に見ると、Mavic 3とMavic Cineは倍も価格が違います。これはすごく適正に見えるんですが、その理由として素のMavic 3はMavic 2のアップデートであって、Mavic 3 Cineは全くの別物に感じるから。SSDも搭載されていて、よく見るとCineのコントローラーもDJI RC Proになってます。さらにNDフィルターも多い(笑)。

Mavic 2 PROから買い替えるか?

 自分たちはドローン屋ではありません。あくまでデザイン屋で必要に応じて空撮もやる程度なので、案件的には年に数回あればいい方です。そんな我々にとってはとりあえずMavic 2 Proでステイです。何か儲かる案件があれば購入を考えますが、我々が引き受ける空撮案件で複雑なものは少ないし、Mavic 2 ProのHasselbladカメラで十分美しい映像を収めることができます。コロナ禍で直撃な我々にとって60万円の投資はちょっと大ごとです。

 息子曰く、60万投資するのであればRonin 4Dの方が意味があるのでは?これもMavic 3と同じ理由で結局イーブンでステイかなと思います。映像やさんだったらRonin 4D > Mavic 3 Cineな感じでアップデートなんでしょうね。弊社が映像やであればまずはRonin 4Dを買うと思います。

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28.4%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)