かつてはフィルターとして機能していたものや、ドロップシャドウや塗りつぶしなど多様する効果をレイヤーごとに設定できる機能です。効果をベイクしないのでいつでも内容を編集できるので、テキストレイヤーに適用すれば効果を適用しているレイヤーのテキスト内容を変更することも可能です。

レイヤー効果パネルへは、レイヤーウィンドウパネルのレイヤー自体の右側をダブルクリックする、下部のfxという部分をクリックしてプルダウンメニューを選ぶか、メインメニューのレイヤー レイヤースタイルを選択します。

レイヤー効果パネル

左ペインが効果のスタイルの選択、右ペインが選択したスタイルの設定内容です。

スタイルは同じものを複数回指定することができるものと、そうでないものがあります。たとえばグラデーションオーバーレイを複数回指定することで、複雑なグラデーションを演出することも可能です。

下部にある矢印アイコンで、同じスタイルに対して効果実行の順番を指定することができます。

不要なスタイルはゴミ箱アイコンで削除できます。

fxアイコンは新たにスタイルを追加します。

スタイル

ベベルとエンボス…

× ベベルとエンボスは複数回指定することはできません。ベベルは境界線の指定とテクスチャの指定に分かれています。オブジェクトの縁を境目にエンボス状に飛び出た効果を指定することができます。また、オブジェクト内に凹凸を表現するのがテクスチャです。設定はエンボス全体部分、縁部分、テクスチャ部分に分かれています。

境界線…

〇 境界線は複数回指定することが可能です。複数回指定した場合はレイヤーの順番のように下にあるものが下に表示されます。オブジェクトを縁取るように境界線を描くことが可能です。イラストレーターのアピアランスは逆に処理されていくので少し混乱します。

シャドウ(内側)…

〇 シャドウ(内側)は複数回指定することが可能です。オブジェクトの領域内に影を落とすことで切り抜いたような効果を設定することができます。

光彩(内側)…

× 光彩(内側)は複数回指定することはできません。境界線に似ていますが、オブジェクト内に向かってぼかしをかけることができるものとイメージするとわかりやすいと思います。

サテン…

× サテンは複数回指定することはできません。領域の縁に沿って、領域内にグラデーションを描くイメージです。サテン生地のリフレクションのような効果を得ることができます。

カラーオーバーレイ…

〇 カラーオーバーレイは複数回指定することが可能です。領域内を単色で塗りつぶします。

グラデーションオーバーレイ…

〇 グラデーションオーバーレイは複数回指定することが可能です。グラデーションは線状、円状と選択することが可能で、複数回重ねると複雑なグラデーションを表現することが可能です。

パターンオーバーレイ…

× パターンオーバーレイは複数回指定することはできません。パターンでオブジェクトの領域内を塗りつぶすことができます。

光彩(外側)…

× 光彩(外側)は複数回指定することはできません。オブジェクトの縁に沿って外側へぼかした境界線を描くイメージです。

ドロップシャドウ…

〇 ドロップシャドウは複数回指定することができます。オブジェクトの形にオブジェクトの裏にぼかし可能な指定した色で塗りつぶしたものを配置できるものと考えるとよいと思います。