crftロゴ

コンテンツを入手…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル編集イメージレイヤー書式選択範囲フィルター3D 表示ウインドウヘルプ

  • 新規3Dレイヤーをファイルから作成(N)…
  • 3Dレイヤーを結合(D)
  • 3Dレイヤーを書き出し(E)…
  • 球パノラマ 


  • 選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成(L)
  • 選択したパスから新規3D押し出しを作成(U)
  • レイヤーから新規メッシュを作成(M) 

  • オブジェクトをグループ化
  • シーン内のすべてのオブジェクトを移動(J)
  • グランドプレーンでオブジェクトを圧縮

  • レイヤーから新規タイルペインティングを作成(W)
  • UVを生成…
  • ペイントのフォールオフ(F)…
  • ペイントシステム 
  • ターゲットテクスチャをペイント(T) 
  • ペイント可能領域を選択(B)
  • ペイントオーバーレイを作成(V) 

  • 押し出しを分割(I)
  • 切断面をシーンに適用
  • 3Dプリント用にシーンを統合
  • メッシュをラスタライズ
  • 3Dレイヤーから作業用パスを作成(K)


  • 3Dプリントを設定…
  • 3Dプリント(3)…

コンテンツを入手…

 コンテンツを入手…を選択すると、まず米国のAdobe Substance 3Dのウェブサイト が既定のウェブブラウザで開きます。

 通常であれば日本サイトへのリダイレクトが表示されるので、そのアラートボックスから日本のAdobe Substance 3D サイトへ遷移することが可能です。

 Substance 3Dは近年Adobeが推し進める3Dソリューションスイートの名称で、主に3Dグラフィクス用の質感を編集できるシステムです。

 2022年にはモデラー も発表され、今後の進化が期待されています。

 個人的にはBlenderと親和性が上がって欲しいです。