Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

色の校正(L) Ctrl+Y

CMYKで表現したときの発色のシミュレーションが行えます。もちろんディスプレイ上でCMYKの真似をするだけなので、完全に再現できるわけではありませんが、彩度・明度の高い青などがCMYKでどのくらい沈んでしまうかなど、非常に参考になります。

ファイル自体がCMYKに変換されるわけではないので、データには何も変化はありません。あくまで見た目を試しに見てみるということです。

CMYKでシビアな判断をしなければならない場合はモニターをAdobe RGB対応でカラーキャリブレーションができたものを使えば、より正確な色を画面上で再現できると思います。