プリントサイズ

校正設定(U) 
色の校正(L) Ctrl+Y
色域外警告(W) Shift+Ctrl+Y
ピクセル縦横比(S) 
ピクセル縦横比を確認(P)
32bitプレビューオプション…


ズームイン(I) Ctrl++
ズームアウト(O) Ctrl+-
画面サイズに合わせる(F) Ctrl+0
画面にレイヤーを合わせる(F)
アートボードを画面サイズに合わせる(F)
100% Ctrl+1
200%
プリントサイズ
水平方向に反転(H)


スクリーンモード(M) 


エクストラ(X) Ctrl+H
表示・非表示(H) 


定規(R) Ctrl+R


スナップ(N) Shift+Ctrl+:
スナップ先(T) 


ガイドをロック(G) Alt+Ctrl+:
ガイドを消去(D)
選択したアートボードガイドを消去
カンバスガイドを消去
新規ガイド(E)…
新規ガイドレイアウトを作成…
シェイプから新規ガイドを作成(A)


スライスをロック(K)
スライスを消去(C)

プリントサイズ

印刷という情報表現が日に日に廃れていっている今、どれだけこのメニューの需要があるのか?

ディスプレイの進化とともに、故スティーブジョブス氏が推し進めていたWYSWYG- What You See is What You Getも微妙に崩壊している今、どれだけ意味があるのか???

以前、クリエイティブ用のコンピューターシステムで実寸5センチ角の四角を描画して画面で100%したら、画面でもぴったり5センチ角で表示されていました。その当時画面は72dpiで統一されていました。今ではモニターによって解像度はバラバラです。よって実寸表示はちょっと困難な時代になってしまいました。

このプリントサイズメニューは開いているドキュメントを設定した解像度に従って印刷したときの大きさに表示するものです。