結合部分をコピー

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

結合部分をコピー

どこのことを結合部分と言っているのかよくわからない感じですが、要は見えている部分のピクセルをそのままコピーする機能です。メニューの名前を見えている部分をピクセルとしてコピーとかにかえたほうがよいかもしれません。

たとえば次のようなファイルがあったとします。

レイヤー0に注目してください。レイヤー0はビットマップの内部的なスマートオブジェクトです。仮にこのレイヤーを選択してから、長方形選択ツールで次のように選びます。

通常のコピーだと、Graphic Design ROCKSの部分と、丸窓の顔写真はコピーされず、背景になっているレイヤー0の人物と風景の写真だけがコピーされます。さらに設定したスマートフィルターの効果もキャンセルされた状態のものがコピーされます。

ところが結合部分をコピーでコピーをすると、見た目通りそのままの画像がコピーされます。

普通のコピー
結合部分をコピー