最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z

日本語翻訳が非常にナゾです。でも機能の内容を知ると納得。

取り消しは、今行った作業からひとつ前の状態に戻す。

やり直しは、取り下げたひとつ前の状態から取り消し前の状態にもどす。

最後の状態を切り替えは、最後に行った作業からひとつ前に戻る、もう一回最後の状態を切り替えを実行すると、また最後の状態になる。もういっかい最後の状態を切り替えを実行すると、ひとつ前に戻る。最後の状態とひとつ前をいったりきたりする機能です。

これは以前のバージョンのPhotoshopで複数回の取り消しがなかったころの取り消しの挙動と同じです。

ヒストリーで見るとわかりやすいと思います。

操作ヒストリー

  1. 開く
  2. 選択
  3. コピー
  4. ペースト
  5. 移動

こんなヒストリーがあったとします。

今、5の操作を終わった状態だとします。

取り消し

押すたびに5>4>3>2>1と操作をさかのぼることができます。

やり直し

5の状態から3まで取り消したとします。やり直しを2回実行すると、4>5と戻ることができます。

最後の状態を切り替え

5>4>5>4と押すたびに最後の状態とひとつ前をいったりきたりします。