最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z

日本語翻訳が非常にナゾです。でも機能の内容を知ると納得。

取り消しは、今行った作業からひとつ前の状態に戻す。

やり直しは、取り下げたひとつ前の状態から取り消し前の状態にもどす。

最後の状態を切り替えは、最後に行った作業からひとつ前に戻る、もう一回最後の状態を切り替えを実行すると、また最後の状態になる。もういっかい最後の状態を切り替えを実行すると、ひとつ前に戻る。最後の状態とひとつ前をいったりきたりする機能です。

これは以前のバージョンのPhotoshopで複数回の取り消しがなかったころの取り消しの挙動と同じです。

ヒストリーで見るとわかりやすいと思います。

操作ヒストリー

  1. 開く
  2. 選択
  3. コピー
  4. ペースト
  5. 移動

こんなヒストリーがあったとします。

今、5の操作を終わった状態だとします。

取り消し

押すたびに5>4>3>2>1と操作をさかのぼることができます。

やり直し

5の状態から3まで取り消したとします。やり直しを2回実行すると、4>5と戻ることができます。

最後の状態を切り替え

5>4>5>4と押すたびに最後の状態とひとつ前をいったりきたりします。