取り消し(O) Ctrl+Z

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

取り消し(O) Ctrl+Z

現代のコンピューターの道具としての地位を築いたのはこの機能があったからと言っても過言ではないと思います。

いつでもやり直せる、パワフルです。Photoshopではすべての操作をヒストリーとして記録していっているので、ヒストリーに操作の流れが記述されている限り、やり直しをさかのぼることが可能です。さらに、その回数を環境設定で設定することが可能です。

やり直し回数

編集メニュー>環境設定>パフォーマンスへ進み、ヒストリーの数値を調節します。