レイヤーを自動整列…

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) Ctrl+T
変形(A) 
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

レイヤーを自動整列…

 いわゆる整列という感じではなく、複数の写真を条件従って張り合わせていく機能です。ちょっと名前の付け方が紛らわしいですね。

 パノラマ画像の作成を例にするとわかりやすい機能です。

 つながる複数の写真を用意します。

 一つのファイルに集約して、ことなったレイヤーとして写真を配置します。

 レイヤーパネルでそれらの写真を選択して、レイヤーを自動整列…を選択します。

 専用のレイヤーを自動整列パネルが表示されます。

自動設定

遠近法

コラージュ

円筒法

球面法

位置の変更

周辺光量補正と歪曲収差

 レンズによって特性の異なる周辺光量と歪曲の補正を自動的に行う機能です。この機能を使うにはRawデータなどを使ってレンズのプロフィールを持った画像を使用する必要があります。