フェード(D)… Shift+Ctrl+F

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

フェード(D)… Shift+Ctrl+F

正直なんで、こんなメニューが用意されているのかさっぱり理解できませんが、フェード(D)… Shift+Ctrl+Fを使うと、前のコマンドまたはツールの不透明度を下げて、イメージへの影響を減らすことができます。ブレンドモードを伴ってフェードすることも可能です。

フェード

なぜかフィルターによっては完全に同じ結果にはなりませんが、複製した写真にエフェクトをかけて、そのレイヤーの不透明度と描画モードを設定したものと同様の結果を得る機能と思ってよいと思います。レイヤーの複製をつくってフィルターを調節した場合は不透明度はあとで自由に変えられるますが、このフェードを使うとチャンスは一回のみです。

フィルターメニュー>フィルターギャラリー>スタンプを実行したあとフェードメニューを使用

レイヤーの複製をつくって、フィルター>フィルターギャラリー>スタンプを実行、そのあとレイヤーの透明度を50%、描画モードを乗算に設定。

自分には同じ結果に見えますし、レイヤーで分けたほうが効率が良いと思います。もしかしたらアクションなどでフェードを効率よく利用できるのかもしれません。