パペットワープ

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

パペットワープ

画像をメッシュ状に分割して任意の位置・数のピンを設定します。

そのピンを移動することで画像を変形する機能です。

パペットというくらいなので人物のポーズを調節することをイメージですればわかりやすいと思います。人物のポーズを変形するときはすべての関節にピンをうっていくと比較的思った通りの編集ができると思います。

パペットワープの手順

1.編集したいレイヤーを選択

2.自動的にそのレイヤーがメッシュ化される

3.変形のためのピンをクリックして作成する

4.ピンを移動することで、そのピン周辺のピクセルを変形する。

パペットワープはスマートオブジェクトにも適用が可能で、その場合いつでもオリジナルへ戻ることが可能です。

クリックでピンを作成、Alt(Option)を押しながらクリックするとピンを削除、Alt(Option)を押しながらピンの周辺へポインタを持っていき、大きな丸が表示されたところでドラッグでピンを回転することができます。

Shiftキーを押しながらクリックしていくと複数のピンを選択することが可能です。

レイヤーマスクが設定されたり、そのレイヤーが透明部分をもっている場合は存在するピクセルが自動的にメッシュされます。