取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

コピー

Ctrl+CかCommand+Cで行うコピー操作、少しコンピューターを使ったことがあれば、体に染みついた操作だと思います。Photoshopでも他のアプリケーション同様、このグローバルなショートカットで選択範囲をコピーすることができます。コピーはメモリに一時的に情報を記憶するという処理なので、ペーストするまで何も起きません。

新田(父)の記憶が正しければ以前は、カンバスでコピーできるものはピクセルのレイヤーのみだったような気がしますが、今ではどんな種類のレイヤーでもカンバス上でコピーすることができるようになったようです。ただしスマートオブジェクトの一部をコピーすると、ピクセルとしてコピーされ、ペーストして新たに作成されるレイヤーはスマートオブジェクトではなく通常のピクセルレイヤーになります。

レイヤーのコピー

ピクセルで選択範囲を作成しなくてもレイヤーを丸ごとコピーすることが可能です。レイヤーは複数を同時にコピーすることが可能で、レイヤーパネルでコピーしたいレイヤーを選択、そのままコピー、同じファイルにペーストしたい場合はそのままペースト、他のファイルにペーストしたい場合は、他のファイルへ移動してペーストします。

見た目をコピーする

一時的にレイヤーをon/offして、完成形のパターンを複数作成することがよくあります。レイヤーのon/offで見た目だけを作成した状態を一撃でコピーする方法があります。Ctrl+Aでカンバス全体を選択、結合部分をコピー Shift+Ctrl+C(普通のコピー操作+Shiftキー)で見た目の選択範囲をコピー。Photoshop内でも他のアプリケーションでもペーストすることが可能です。

アプリにペーストできない

ごくまれにPhotoshopでコピーした選択範囲を他のアプリケーションにペーストできないことがあります。ほとんどの場合コピーした領域が大きすぎるのが原因と考えられます。一回Photoshop内で新規カンバスを作成、そこへペーストしてイメージ>解像度で小さくしてから再度コピー、ペーストを試してみてください。