ビデオ

NTSCカラー

NTSCとは米国で作られたビデオ信号の規格名で日本でも採用されているものです。ヨーロッパやオーストラリアはPAL、フランスはSECAMという規格で統一されていました。
ヨーロッパから持って帰ってきたビデオテープが日本のビデオデッキで再生できなかったのはこのビデオ信号の規格が異なっているのは理由でした。

NTSCカラーは画像の色範囲をNTSCのカラー範囲に調節するフィルターです。

インターレース除去

NTSCビデオ信号は1秒に30回、奇数フィールドと偶数フィールドが描画されます。その奇数フィールドと偶数フィールド1セットで1フレームが描画され、その連続した画像が動画になっています。この方式をインターレースと呼び、当然奇数フィールドを描画したあと、偶数フィールドを描画するまでに時間は経過していって、うごきの速いNTSC映像をデジタイズすると、1ピクセルごと横にずれた画像になってしまいます。

そのずれを除去するフィルターです。