このエントリーをはてなブックマークに追加

埋め込みを配置(L)…

開いているファイルに、外部のメディアファイルを 読み込んで配置します。配置される画像やアートワークはファイルフォーマットによって取り扱い方が変わります。読み込むことができる以下のファイルフォーマットです。

大分すると、ビットマップデータ、 ベクターデータ、 3Dオブジェクトデータ、オーディオデータ、ビデオデータを読み込むことができることになります。

読み込まれたファイルは、内部的なスマートオブジェクトとして配置されるので、元のファイルを編集しても、編集結果は反映されません。ファイルの編集結果を反映したい場合はリンクを配置… を使います。