crftロゴ

禁則処理設定(K)…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウインドウ(W)  ヘルプ(H)

禁則処理設定(K)…

 段落を読みやすくするために、特定の文字に対して行頭・行末に現れてはいけない文字の指定などのルールを設定する機能です。

 指定したルール段落パネル 内から選択してエリアテキストに対して適用することができます。

行頭禁則文字

 前の行とのつながりで行頭にきてはいけないというルールなので、1行目は対象外になります。)や」などは典型的に適用される文字です。

行末禁則文字

 段落の最後の行は対象外になります。(や「などは典型的に適用される文字です。〒など次の文字と離したくないときにも有効です。

ぶら下がり

 、などが文頭に来ると読みにくくなってしまうので、特別にエリアテキスト外へはみ出しても良いというルールです。これも写植文字のころからある処理です。