色の指定をするウィンドウパネルです。重要な役割の割には意外にサッパリしているパネルです。初期状態だと数値を入力する部分も出ていません。そのような場合は右肩のプルダウンメニューからオプションを表示 を選択します。

プルダウンメニューにはカラーモードの選択、色の操作、スウォッチへの色の追加メニューが用意されています。

カラーモードはグレースケール、RGB、HSB、CMYK、WebセーフRGB より選択することが可能です。

ドキュメントカラーモードが重要

カラーウィンドウパネルではドキュメントカラーモード と異なったカラーモードを選択することが可能です。これがしばしば混乱を招きます。

たとえばドキュメントカラーモードはCMYKになっていて、色指定をRGBで行うことも可能で、CMYKとRGBはそれぞれの方式で再現できる色の範囲 が異なります。一見RGBで指定できたように見えて、強制的にCMYKの数値に指定されます。

塗りと線の指定

左上の四角が2枚重なった部分の四角のいずれかをクリックして、選択中のアートワークの塗りに対して色指定をするか、線に対して色指定をするかを選びます。

初期値の白と黒

ドキュメントカラーモードとカラー指定のカラーモードが異なっていると、思った通りの値にすることができません。例えばCMYKドキュメントモードでRGB指定モードで初期設定ボタンをクリックすると、白はRGB 255,255,255(これは同じ白になります)黒はRGB 35, 24, 21に指定されてしまいます。これはCMYKRGBのカラーレンジが異なるためです。

Webカラー範囲外警告、Webカラー範囲内

塗りと線を選択する2枚の四角の下にあるキューブと小さな四角はそれぞれ、Webカラー範囲外警告(指定色が範囲外の場合警告が表示される)、Webカラー範囲内(クリックしてWeb範囲内にカラー指定を修正)です。

Ver24.3では警告のビックリマークが表示されないようです。もしかしたらバグかも。。。

目的に応じたカラー設定

ドキュメントカラーモードとカラー指定のカラーモードを同じにしておくのが、混乱を避けるコツです。

大まかに、

ドキュメントカラーモード カラー指定
印刷物 CMYK CMYK
映像 RGB RGB
Web RGB RGB

と、しておけば間違いないと思います。