コンポジション(C)メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

新規コンポジション(C) Ctrl+N
コンポジション設定(T)… Ctrl+K
ポスター時間を設定(E)
コンポジションをワークエリアにトリム(W) Ctrl+Shift+X
コンポジションを目標範囲にクロップ(I)


Adobe Media Encoderキューに追加… Ctrl+Alt+M
レンダーキューに追加(A) Ctrl+M
出力モジュールを追加(D)


プレビュー(P) 
フレームを保存(S) 
プリレンダリング…
現在のプレビューを保存(V)… Ctrl+0


エッセンシャルグラフィックスで開く
レスポンシブデザインー時間 


コンポジションフローチャート(F) Ctrl+Shift+F11
コンポジションミニフローチャート(N) Tab


VR 

コンポジションメニュー

 コンポジションはアートワークを編集するステージのようなもので、Photoshopでいうところのカンバス、Illustratorでいうところのアートボードと考えるとわかりやすいと思います。AfterEffectsには時間軸の概念があるので、コンポジションの大きさに加えて時間に関連する様々な設定も行う必要もあります。

 時間の設定は全体の時間的な長さ、フレームレートなどが含まれます。