AfterEffects

After Efffectsはタイトル映像や特殊効果など細かな動画編集に使います。長時間の映像編集にはあまり向いていないので、そのような場合はAdobe Premiereを使います。 Adobe PremiereにAfterEffectsで作成したAfter Effectsのプロジェクトファイル、.aepファイルを直接読み込むことができるので、作業内容によって使うアプリケーションを使い分けて、ワークフローを構築することが可能になります。異なった作成者で作業分担も行えるので、効率よく創作を行えます。

アニメーションの基本

読み込んだファイルやAfterEffects内で入力したテキストなどの位置、回転角度、透明度など様々な要素を時間軸に沿って設定することでアニメーションすることが可能です。

このように特定のタイミングに基準になる値を設定していくアニメーションをキーフレームアニメーションと呼びます。

ワークフロー

主にアニメーションを作成したり、映像に特殊効果を施すツールと知られています。

インターフェイス

機能の多さから主要になるウィンドウパネルがたくさんあります。

メインメニュー

AfterEffectsはメニューも巨大です。特にエフェクトメニューにどこに何があるのかを知っておくと、作業のスピードができます。

エクスプレッション

AfterEffectsのエクスプレッションはJavascriptベースのスクリプト言語で、様々な方法で数学的数値を時間軸に対して変化させることができます。

エフェクト名日英表

日本語版と英語版ではエフェクトの名前が著しく異なります。その対応表です。