Photoshopで特色1色指定

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では印刷物の仕事でも4色前提なものがほとんどで、特色1色の印刷なんて滅多にないんですけど、とあるクライアントの仕事でDVDのレーベルデザインがあって、特色指定の案件がありました。

実際の入稿はスミで特色版を作って、カラーチップで指定という感じなんでしょうけど、デザインの中には微妙に濃淡のあるイラストが入っています。このイラストをグレースケールにして、特色指定するという工程が発生すると思っていますが、デザインするDVD合計で5枚、一枚ずつテーマ色が異なるような設計です。

これはイラストが特色1色で表現されたときの感じを確認しないといけません。

ところで、この特色というやつ、日本ではDICというカラーシステムが使われることがほとんどです。海外ではPANTONEが標準です。

昔はグラフィックデザイナーなら当たり前のようにDICのカラーチップが傍らにありました。自分の時代には写植用の級数表もあるような時代だったので、今の世代からは想像もできないような環境だとは思います。

そしてDICのカラーチップは今でもアトリエに常備しています。

その案件のデータを使うわけにもいかないので、今回は新田(父)がNFT参入用に掘り起こした、昔ボツになったキャラクターのイラストを使って説明しようと思います。

このイラストを、例えばDIC50で表現したら、どうなるのか?

1.まずはカラーモードをグレースケールにします。

イメージメニュー > モード > グレースケールを実行してレイヤーも統合してしまいます。

当然カラー情報は破棄します。

これを実行するとファイル自体のカラー情報が破棄されてしまうので、自信のない場合はファイルのコピーを作って、そのコピーファイルで作業をすすめていくのが良いと思います。

2.再度イメージメニュー > モードにすすみ、こんどはダブルトーンを選択。

ダブルトーンと書いているわりに、ここで指定するインキ数は1~4種類で自由に選ぶことが可能です。種類の部分でダブルトーン(1版)を選択します。なんかちょっと意味不明なメニューですが、気にしてはいけません。

表示されたダイアログの中にあるインキ色部分をクリックします。

おなじみのカラーピッカーが表示されますが、右にあるカラーライブラリボタンをクリックします。

こんな感じの画面に切り替わります。このいんたーフェイス、わかりにくいんですが適当に色を選んだ状態で番号を入力すると、その番号のカラーチップへジャンプします。DICは2~4桁の番号で色を表しているので、番号の入力はちょっとコツが必要です。ゲームみたいです。

50を選んで適用してみました。

特色を指定しましたが、この状態で入稿したことは経験上ありません。あくまで確認用のテクニックと思ってよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 26%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)