Illustrator ver26.3.1 アップデート

3Dがよくなった!
Adobe illustrator
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustrator ver26.3.1 アップデート

Illustrator ver26.3.1 良いアップデート!

 今回は以下のような新機能が実装されました。

  • 3D オブジェクトへの遠近感の追加
  • 3D パネルへのグラフィックのドラッグ&ドロップ
  • AVIF 形式のサポート
  • 自動ファイルバックアップ

 バグフィクスに関しては英語、日本語とも特に記載はありませんでした。

3Dオブジェクトへの遠近感の追加

 これは待望していた機能です!

illustrator 遠近感

 3Dパネルウィンドウの中についにパースペクティブを調節するスライダーが設置されました。

 これでもうクラシック3Dを使う必要がなくなりそうです。

3D パネルへのグラフィックのドラッグ&ドロップ

 アートボード上のテキストを含む任意のオブジェクトを3Dウィンドウパネルへドラッグ&ドロップすることで、を3D化したオブジェクトに貼り付けることができます。

 ただどの面にどのようにマッピングするかといったような編集機能は今のところ見当たりません。

illustrator グラフィックを3Dにドロップ

AVIFフォーマットへの対応

 AVIFというファイルフォーマットはまったく馴染みが無いんですが、Wikipediaによると、

英語から翻訳-AV1 Image File Formatは、AV1で圧縮された画像または画像シーケンスをHEIFコンテナ形式で保存するための画像ファイル形式の仕様です。これは、ISOBMFFに基づいて構築された同じコンテナ形式を使用するHEICと競合しますが、圧縮にはHEVCを使用します。
Wikipedia

 で、肝心の何が対応したのかというのがどこにも表記されていません。自分が確認できたのは配置画像。

 配置画像の中にはたしかにAV1(.AVIF)があります。

illustrator avif

自動ファイルバックアップ

 どういうわけか自分のWindows11、Macとも環境設定のファイル管理部分にこのオプションが表示されません。

 なんで?