Illustratorでスミ100%をPhotoshopにペーストすると黒にならない。。。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

 わかりにくいんですが、上の画像左右の黒が微妙に異なります。分かりづらかったら画面を明るくしてみてください。

 Illustratorでスミ(K)100%をphotoshopにペーストすると黒にならない。これはCMYK<>RGBの差異のために起こる現象です。CMYKからRGBへスミ100%をペーストすると少し赤みがかった黒が再現されます。

 このデータを印刷するとさらに赤みがかかったスミとして印刷されることがあります。

そもそもの問題

 Illustratorはそもそも印刷物を制作するためのツールなので、色はCMYKという印刷で使われる色の再現方法が初期状態、Photoshopは言わずと知れたピクセルベースの画像編集ツール、コンピューター上での色の管理は光の三原色であるRGBで行うのが普通です。と、言うのもユーザーが編集時に眺めているのはモニターだからです。なので初期状態でRGB。

 CMYKとRGBはその特性上お互いに表現できない色域が存在します。

解決方法

 IllustratorとPhotoshopの色域表現方法を統一することで解決することが可能です。

Illustrator側

 IllustratorではCMYKモードのままでRGBの色指定ができてしまうので戸惑うことがありますが、よく見てみるとCMYKモードのままRGB入力すると、入力し終わったあとにCMYKで再現できる色の値に強制的に書き換わっています。正しく指定するにはIllustratorのファイルメニューのドキュメントのカラーモードから希望のカラーモードを指定する必要があります。

Photoshop側

 Photoshopも同様です。イメージメニューのモードで希望の色域表現を選択します。

 つまり、IllustratorでCMYKのドキュメントを作成して、その一部なりをPhotoshopにペーストしたいときはPhotoshopのイメージモードもCMYKしないと正確な色を再現することができないということです。

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)

blog

Gucci Burst

Gucciのことはあまり詳しくありませんが、多分若