レイトレース問題

レイトレース問題

しばらく前から、グラフィックアクセラレータが発売されると、そのたびにAfterEffectsのレイトレースが使えなくなるという現象が繰り返されています。これはAfterEffectsのGPU対応のスピードが追い付いていないことに起因しますが、基本的に今後は対応していかない方針のようです。公式にサポートされているGPUはAdobeのサイトで公開されています。

この問題で一番深刻なのが3Dの高度な設定にあるレンダリング方法。レイトレースを選択すると、最悪の場合クラッシュしてしまいます。この回避方法はいくつかありますが、経験上複数の回避方法をとってみないと、システムに該当する正しい回避方法がなかなかわかりません。

nVidiaの場合、ひとつ確実なのはインストールフォルダ/Support Files/optix.1.dllで、このファイルのバージョンによってクラッシュするようです。このoptixはリアルタイムレイトレースエンジンで、今のところ2016年10月にリリースされている16MBくらいのファイル容量のものが、一番問題が少ないようです。

最新のoptixはnVidiaからダウンロードが可能です。

古いバージョンのoptixもダウンロードが可能です。

Adobe AfterEffects CC 15.0.1

Post a Comment