WordPressサイト用サーバー選び2021年最新版!

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressサイト用サーバー選び2021年最新版!

全世界のウェブサイトの40%がWordpress

 インターネット上のほぼ4割がWordpressでできているという衝撃の記事がCreativeMindsというサイトに掲載されていました。これ結構信憑性があると思います。ナレッジベース的な内向きなサイトですら、Wordpressを使っている団体もみますし、まずCMSを使わない理由が見つからないし、ではCMSの中で使いやすくて費用のかからないシステムと言ったら、もう選択肢がありません。Wordpress一点張りで間違いないです。

WordPressの柔軟性

 オープンソースを貫いたという哲学もすごいですが、そのブレない設計思想がWordpressをメジャーなCMSにのし上げた理由だと思います。ウェブに掲載される情報を恒久型と揮発型にわけて、いかにその情報を正しい構造でウェブサイトとして視覚化するか?

 カスタマイズの柔軟性も確かな設計思想があるから実現できたもので、テーマと呼ばれるデザインと付加機能を司るファイル群やプラグインという形で機能を追加できる考えも秀逸です。

 かつてはhtmlではなくphpからの結果を表示するWordpressに賛否両論でしたが、それはGoogleでの検索結果がhtmlが有利だった時代の話。そういったインターネットの色々の進化とギヤが噛み合っていたんだと思います。

WordPressを動かすには?

WordPressの配布元wordpress.orgによると

  • PHP 7.3 以上
  • MySQL 5.6 以上または MariaDB 10.1 以上

が最低の条件になっています。

 非常にハードルが低いです。自分で手元でサーバーを運用したい場合はディスクスペースやプロセッサーの要件がありますが、ここではレンタルサーバーでの運用を考えます。上記の条件を満たしていないレンタルサーバーはまずないと思いますので、どのサービスでも最低条件に関しては深く考えなくてよいと思います。

WordPressのサイト運用で気になる機能

 インターネットにある4割がWordpressで動いているという事実、そこはハッカーにとっては格好の練習場であり、またいろいろな仕掛けを埋め込むことのできる場所です。事実運用しているサイトで実際にあったハック案件として、

  • ファイルを書き換えられた
  • 見知らぬファイルを置いていかれた
  • アカウントを盗まれログインされた

と、いったことが実際にありました。プラグインなどを使ってWordpressの堅牢度を高めることも可能ですが、ホスティングサービス側にもこういったセキュリティ関連の機能が求められる時代になったと思います。

WordPressサイトインストーラーがあると楽!

 ほとんどのレンタルサーバーではすでにWordpressがインストールされていて、すぐにサイトを作成することができるような状態になっています。

 しかし、Wordpressサイトの設置には若干の知識が必要で、データベースの作成やファイルの編集などの作業が伴います。こういった作業ですら管理画面だけで処理できるのがサイトインストーラーです。これがあるとFTPもしませんし、データベースを手動で作成することもなく、本当に数秒でサイトのインストールをすることができます。

なぜXserverがオススメなのか

 これらの要件をハイレベルでクリアしているのがXserverです。契約すると次のような管理画面を使えるようになります。

レンタルサーバーとしての品質

 Xserverの管理画面はcPanelのような汎用のものではなく、専用のものが用意されています。メールアドレスやFTPの設定など、レンタルサーバーとしての品質は間違いのないものです。ひとつヘンだなと思うのが、メールサーバーのアドレスが独自のドメインで運用できない、FTPも然り。共有サーバーなので仕方ないのかもしれませんが、不便というよりは他のサービスとはちょっと違うなくらいな感じです。

 ドメインは好きなだけパーキングすることができます。自分の場合気づいて見れば26もXserverで運用していました。

 またWordpressの運用を大きく意識した設計になっていてWordpress専用のセクションが用意されています。

WordPress運用に特化した設計

WordPressのサイト作成が管理画面がら行える

 この機能を使うと爆速でサイトを設置することができます。必要な項目を入力していって確認画面へ移動して作成をクリックするだけ。ポイントはデータベースの部分で本来であればMySQLの管理画面などでデータベースを作成して、wp-config.phpというファイルにそのデータベースの場所やログイン情報を書き込み、FTPでアップする必要がありますが、この管理画面を使えば自動でデータベースを作成するで一撃です。

WordPressセキュリティ設定

 海外からのダッシュボードへのアクセス制限やログイン試行回数制限などは非常に心強い機能です。

Xserverしかない

 ここまでWordpressが優遇されているホスティングサービスはそうそうありません。サーバーのもう一つの大きなポイントが価格ですが、その点もXserverは優れています。一番安いプランはもう一昔前の海外サービスと同じくらいの値段で1000円/月前後。いつもなにかしらのキャンペーンをしているので、うまく組み合わせると月1000円を切ることもあります。

 そしてもちろんcrftもXserverに設置してあります。

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28.4%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)